東京都内での生活には車いらないです【実体験】

東京にこれから住もうとしていて車が必要かどうかが知りたい方。いますでに東京に住んでいて車の購入を検討している方。また、東京に住み今車を持っていて手放そうか悩んでる方へ。この記事では、大学卒業以降、一貫して10年以上実際に車無しでの生活をしてきた私が、東京都内で暮らした経験を踏まえて東京都内での生活では車はいらないこととその理由を解説します。

車なし生活のメリット

まず、車なし生活にはいろいろとメリットがあります。だから私は東京都内では「車いらない」と言うんです。

車なし生活のメリットについては詳細を以下の記事にまとめていますので詳細が知りたい方はそちらも参考にしてください。

車いらない生活の条件

車がいらない生活を送るためには条件があります。具体的には以下のような条件があります。

  • 住む場所
  • タフなマインドと体力
  • 新時代の価値観

「車いらない」というためにはいくつか条件が必要ですが東京都内の生活ではそれらの条件を満たせる場合が多いです。

私自身は社会人になってからはずっと、その前もほとんど自分の車を購入せずに生活してきました。「車いらない」と言うには条件があると考えています。以下で説明する条件を全て満たすことで自信を持って「車いらない」ということができます。

それでは車なし生活をするための条件を一つずつ見ていきましょう。

「車いらない」条件1:住む場所

「車いらない」と言うための1つ目の条件は住む場所です。車なしで生活するためには車がなくても普段の生活ができる場所に住んでいる必要があります。

いくら車なしで生活を送りたくても、公共交通機関が発達していない場所に住むと実行は難しいでしょう。できればある主要都市の中に住む。そうじゃなくも電車やバスなどの公共交通機関またはシェアエコノミーの交通手段がある場所に住む。そういったことが条件になります。

「車いらない」条件2:タフなマインドと体力

「車いらない」と言うための2つ目の条件はタフなマインドと体力です。

実生活をする中では車を使わないことで多少不便に感じる場面があるかもしれません。それでも車を使わずに生活をするメリットにフォーカスしそのメリットのためには多少の不便がある場合も乗り越えられるマインドと体力が必要です。

例えば子供の幼稚園・保育園・習い事などの送り迎えのときや買い物の時、車があればもっと楽に運ぶことができるのに、と考えることがあるかもしれません。

そのような場合でも、先ほど解説した車なし生活の様々なメリットを思い出して積極的にそのメリットを獲得しようとするタフなマインドと、実際に多少不便な移動も乗り越えられるタフな身体は欠かせません。

「移動とは身体と脳の健康維持のための絶好の機会である」と捉えましょう。

「車いらない」条件3:新時代の価値観

最後に紹介したい「車いらない」ための3つ目の条件は新時代の価値観です。

車を持つことはステータスであり持っていないことが恥ずかしいこと、男としては価値が低いこと、とみなされた時期があったと思います。今でもそのように考えている方もいるかもしれません。これは古い価値観です。このような価値観を持っている場合は、車なしで生活することは恥じるべきことになってしまうため、「車いらない」と考えることができません。車を持たないことで確かに不便なこともありますが車を持つか持たないかはあくまで個人の自由であり、現代の様々な時代背景を考えると車を持たない生活スタイルは時代にマッチしてると言えるのではないでしょうか。

環境への負荷、人生100年時代と言われる長寿に備えた健康維持や資産形成など総合的に考えた場合には車(マイカー)は持たない方がいいように思われます。

このような時代に即した新しい価値観を持つことが「車いらない」と言い切るための3つ目の条件です。

東京都内での生活環境

車なし生活をするための条件を確認できたところで、次に東京都内で生活する場合の生活環境を確認し、車なし生活を送ることができることを解説したいと思います。

東京は公共交通機関が発達している

東京は交通機関がとても良く発達しています。

鉄道

東京の鉄道は、JR、西武鉄道、東急、京王、東武、京成、京浜急行、小田急、ゆりかもめ、東京モノレール、東京メトロ、東京市営地下鉄など非常に多くの鉄道がいろんなところに張り巡らされています。

東京メトロは、日比谷線・銀座線・丸ノ内線・東西線・南北線・有楽町線・千代田線・半蔵門線・副都心線の9路線が運行されており、都営地下鉄 都営地下鉄は、浅草線・三田線・新宿線・大江戸線の4路線を運行しています。

バス

また東京都内はバスも数多く走っています。日常生活で使いそうなものだけでも、都営バス、東急バス、京王バス、関東バス、国際興業バス、そしてこれに加えて港区の「ちいばす」などのコミュニティバスや、商業施設など向けの無料シャトルバス、またお台場周辺などを行くシーバス(船)など、たくさんのバスが運行しています。

東京のバス一覧については、GO-TOKYOというサイトが参考になります。

このように、東京都内では公共交通機関が大変発達していますので、車がなくてもそれほど移動に不便を感じることはないと言えるでしょう。

東京都内での生活は意外と体力をつけやすい

次に、東京都内での生活は意外と体力をつけやすい点について解説します。東京は都会ですが、意外と日常生活の中で車無しで生活するための体力づくりと体力維持がしやすい街です。

東京で、車無しで生活し移動は公共交通機関で完結するようにすると、日々の生活の中で心肺機能を自然な形でマイルドに、身体に負荷をかけすぎずに鍛えることができます。その方法を実体験を踏まえて説明します。

徒歩

東京は密集度の高い街です。いろんな商業施設や公共施設、公園などが所狭しと配置されています。そして先程紹介したようにその街の中に電車やバスなどの公共交通機関が張り巡らされています。

このような環境下では、1kmとか2km位の距離を歩くことを移動の中に組み入れると通勤や買物のなかで自然に有酸素運動を行うことができます。私はかつて都心部にすんでいましたが、幼少期を含めてこれまでにこれまでに住んできた街の中で結果的には一番良く日常生活の中であるいたのが東京都内に住んでいたときです。1度に歩く距離は1kmとか2kmなどの距離でも、電車の乗り換えや電車とバスの乗り換え時などで何度もこの細かな徒歩移動を繰り返すことで1日の中で歩く全体の歩数はなかなかの量になります。

また、徒歩で歩くことそのものに加え、買い物などで重いものを持ってあるくと負荷をかけた運動をしていることになるので足腰は鍛えられます。

自転車

東京都内の生活では自転車も使いやすいです。その理由の一つとしてシェアサイクルが色んな所に用意されていて比較的簡単に使うことができるからです。

最近ではセブンイレブンやDocomoがシェアサイクルを展開していますが、東京都内では東京都内の多くの区でシェアサイクルを利用することができます。参考までにDocomoが提供している東京都内のシェアサイクルのサービス提供範囲について引用します。

東京都内10区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、品川区、目黒区、大田区、渋谷区)において、10区すべてのポートで貸出・返却することが可能となります。

出所:Docomo Bike Share

このようなシェアサイクルを使うこともできますし、もちろん自分のお気に入りの自転車で街中を移動することもできます。東京都内は街の中で自転車道も整備されている所も多いので、自転車で走りやすいです。町並みがきれいな所も多いのでサイクリングも楽しくできます。楽しくサイクリングをしながら効率的な移動と体力づくりを兼ねることができます。

東京は新時代の価値観を身に着け体現しやすい

次に、新時代の価値観という点について解説します。東京都内は、日本国内、また日本国外からも色んな人が集まる街です。それゆえ様々な価値観を持った人が住んでいます。あまりにたくさんの人がいるので、他の人がやっていることを咎めるとうより、いろんな人がそれぞれのスタイルや価値観を大切にしている感じがします。いろんな価値観やスタイルを持った人を見ることもできますし、自分自身が自分流で振る舞うこともやりやすい街だと言えるのではないでしょうか。

また日本の首都でもあるため日本の中では最新の情報に身体で触れやすい街だと言えます。まだ日本では広まっていないけど世界のどこかの街で流行りだしているものの情報や思想の潮流など、日本の都市の中では東京はいち早く最新の情報を街の中に自分自身の目や耳で感じられる街だと言えるように思います。

車なし生活に関して直接関係するところで私が実際に個の目で見たところでパッと思いつくのは、かなりタイヤが太いなど独特のデザインのそしてこだわりを感じる自転車で通勤している人を見た経験です。一度ではなくこういう人を東京都内では何度も見かけました。自転車を通勤に使うというスタイルもオランダやフランス、イタリアなどヨーロッパでは比較的一般的だと思いますが日本では都市から離れるほど見かけなくなるのではないでしょうか(ただし最近ではもともと2020年に予定されていたオリンピックでの観光客に向けて仕掛中だった全国の自転車道整備計画を完遂しようという動きはあったようですが)

まとめ

この記事では、東京都内では生活するのに車はいらないということについて解説してきました。東京都内はそもそも公共交通機関が整っているので徒歩+電車+バスで色んな所にいけますし買い物やお出かけはそれで事足ります。そんな生活をしていると体力も自然についてきます。車を持ってなくても変な目で見る人は少ないです。

東京都内に住んでいる、またこれから住む皆さんは、ぜひ色々なメリットが有る車なし生活をしてみてください。