キャンプ飯が簡単に!いなば食品のツナトッピングを紹介

簡単なキャンプ飯を知りたい方や、いなば食品のツナトッピングを詳しく知りたい方へ

本記事では以下のことを紹介します。

いなば食品のツナトッピングとは

いなば食品は、カレーの缶詰やツナ缶といった缶詰商品を多数販売しています。今回紹介するツナトッピングは缶詰タイプではなく、レトルトパウチタイプの商品です。通常のツナ缶と異なり、ツナ缶で使われるツナに既に味付けがされています。味の種類は全部で6種類で、以下のようなラインナップです。

  • トマト&バジル
  • レモン&ディル
  • ブラックペッパー&レモン
  • シラチャーソース
  • ガーリック&チリ
  • スイートチリ

トマト&バジル

トマトとバジルの風味を味わえるツナトッピングです。パンやパスタに合います。ピザのトッピングに使っても美味しいです。

レモン&ディル

そのまま食べるとレモンとディルの風味をほのかに感じます。ただし卵などと和えると若干風味が薄くなりました。

ブラックペッパー&レモン

スパイシーなブラックペッパーとレモンの風味を感じるツナトッピングです。ブラックペッパーを追加で味付けをする必要がなく、パンとそのまま食べてもとても美味しいです。サラダにも合います。

シラチャーソース

タイ生まれのピリ辛ガーリック味、シラチャーソースのツナフレークです。辛いのが好きな方にはちょうど良い辛さかもしれませんが、苦手な方には結構辛く感じます。5歳の息子は辛すぎて食べれませんでした。

ガーリック&チリ

ガーリック風味とスパイシーな唐辛子味です。ちょっと辛めいので、辛いのが苦手な方には食べくい辛さでした。

使い切りサイズ

いなば食品ツナトッピングの中身です

内容量は50gの使い切りサイズです。サンドイッチにするなら食パン2枚で挟む分でした。

液切り不要&味付け済みでキャンプ飯が簡単に

缶詰は持ち運びもしやすく保存もきくのでキャンプ飯に使うにはとても便利です。しかし液切りが割と面倒に感じることもありました。ツナトッピングはレトルトパウチなので液切りは不要で、パウチを開ければそのまま使用することができます。

味付け済みなので調味料が不要

またツナ缶の場合、胡椒やマヨネーズなどで味を加える方が食べやすいです。家で食べる分には調味料での味付けも問題なくおこなえますが、キャンプ飯となると、調味料を準備して持っていく必要があります。またテントなどと比べ細かい備品となる調味料は持っていくのを忘れてしまうこともあります。

私の場合も、ツナ缶をホットサンドに入れることが多く、ツナ缶を多用するのですが、ツナ缶だけでは一味足りず、必ず持ち運びしやすいマヨネーズや、ブラックペッパーを持参していました。

ツナトッピングは既に味が付いているので、そのままご飯やサラダに乗せたり、パンに挟んで食べることができます。味付けの工程が減るのでキャンプ飯をより簡単に作ることができます。また調味料を持参する必要がなくなります。

6種類の味でバリエーション豊かなキャンプ飯を作れる

ツナトッピングは上記でも説明した通り6種類も味があります。パン、ご飯、おもち、麺、サラダなど組み合わせる食材で、バリエーション豊かなキャンプ飯を簡単に作ることができます。

持ち運びしやすくゴミの削減にも

缶詰ももちろん持ち運びという点ではとても優れていま。しかしレトルトパウチのタイプ、特に今回紹介しているツナトッピングは、内容量も50グラムと使い切りのサイズで、とても薄いです。キャンプの荷物の隙間に収納でき、ソロキャンプや電車キャンプなど荷物を少なくしたい方にもおすすめです。

使用後のゴミも少なく

缶詰だと使用後に分別が必要です。キャンプの時も通常のゴミと缶を分けて置く必要があり、多少面倒に感じます。さらに缶は小さいながらゴミとして割とかさばります。レトルトパウチの場合は使用後も、小さく、薄くゴミとしてまとめることができ、缶に比べてゴミの処理が楽です。

実際にキャンプ飯として食べてみた

実際にツナトッピングをキャンプ飯として食べてみました。どれも味付けがしっかりしているので、追加の味付けをする手間が省け、なおかつ美味しくなりました。

バウルーで作るお焼きパン

ホットサンドメーカーのバウルーを使用してお焼きパンをつくってみました。 使用したツナトッピングはブラックペッパー&レモン味です。 味付けがしっかりしているのでパンに入れて焼くだけで、美味しい総菜パンを作ることができました。

サラダにのせてドレッシング代わりにも

サッと洗ったサラダにのせるだけでも、野菜と一緒に美味しく食べれます。味付け済みなのでドレッシングなしでも、美味しいサラダになりました。

スクランブルエッグに

クッカーで作るスクランブルエッグ

卵と一緒に合えてスクランブルエッグを作りました。使用したツナトッピングはレモン&ディルです。

レモン&ディルは、もともとレモンとディルの風味が割と薄いので、スクランブルエッグにしてしまうとより風味が薄くなりました。ただし、味付けなしのツナ缶を加えるよりは、味にアクセントがつきました。

パンに乗っけてみる

ホットサンドメーカーでオープンサンド

パンにアボカドとトマト、チーズをのせ、その上にツナトッピングシラチャーソースをのせてみました。この組み合わせは、いなば食品からもおすすめの食べ方としてツナトッピングのパッケージでレシピが紹介されていました。

シラチャーソース味は辛みが割とあるのですが、アボカドやチーズと合わせることで、辛みを残しつつシラチャーソースの旨味も引き立ち、食べやすくなりました。

ホットサンドメーカーで作るオープンサンド

簡単キャンプ飯ということで、ホットサンドメーカーのバウルーでオープンサンドにしてみましたが、ホットサンドメーカーでのオープンサンドは難しいです。パンに乗せたチーズが溶けにくく、溶けさせるために1~2回ホットサンドメーカーを返しました。そうすると具材がくっついてしまったり、ずれてしまいます。また、トースターと比べるとパンがカリッと焼きあがらず、オープンサンドとしては食べにくいです。

まとめ

いなば食品のツナトッピングは6種類のバリエーションで味付けがされたツナ食品です。しっかりとした味付けで、乗せるだけで食事を楽しむことが可能です。キャンプ飯を簡単に作りたいときにとてもオススメです。レトルトパウチ食品なので、持ち運びやゴミ処理も簡単にできます。