おうちキャンプのテント

おうちキャンプをしてみたいけどどうやって始めればいいのかな。おうちキャンプで使えるテントや、おうちキャンプのキャンプ飯も知りたい方へ。

昨今外出自粛が要請され、なかなか外出ができない家にこもりがちな世の中になってしまいましたね。 日ごろ電車や自転車でキャンプをしている私たちですが、 近頃は普段にも増しておうちキャンプを楽しむようになりました。そこで本記事では以下のことを紹介します。

おうちキャンプとは

おうちキャンプとはお出かけをせずに、お庭やベランダ、室内といったおうちの敷地内で、キャンプで行うような活動を楽しむことです。

おうちで楽しめるのでお手軽

おうちキャンプはおうちでキャンプの雰囲気を出していくことで、キャンプを楽しみます。なかなかキャンプ場には行くのが難しいけどキャンプを楽しみたいという方にはオススメです。普段おうちの中で食べているご飯も、キャンプ風にセッティングしたお庭で食べるだけでも、キャンプ感が味わえます。おうちで準備や後片付けを行うので、通常のキャンプと比べるとかなりお手軽です。また、キャンプの練習にもなります。

2タイプのおうちキャンプ

おうちキャンプにはお庭やベランダといった外でおこなうタイプと、室内でテントやタープを設営して楽しむタイプの2つがあります。

外タイプのおうちキャンプ

おうちキャンプのテント

外タイプのおうちキャンプはベランダや庭、テラス、バルコニーでテントやタープ、サンシェードなどを設営したり、外で食事をすることで、キャンプを楽しむことができます。

外タイプのおうちキャンプの場合、おうちではあるのですが、外という環境により、お庭やベランダでご飯を食べるだけでもキャンプ感を味わえます。さらにテントやチェアなどのキャンプ道具をミックスさせていくことで、よりキャンプの雰囲気を楽しむことができます。

室内タイプのおうちキャンプ

室内タイプのおうちキャンプの場合は、おうちの中でキャンプ道具を使用することで、キャンプ感を楽しみます。

おすすめは室内にテントを設営してしまうことです。ファミリータイプのテントでは大きすぎるので難しいですが、1人~2人用の小型テントや、日よけで使われるポップアップタイプのテントであれば室内でも設営できます。テントを家で設営するのはちょっとという方は、大きめの布などを天井からタープっぽくつるすことでキャンプ感を出すことができます。

また、シングルガスバーナーで料理を作ったり、直火のホットサンドメーカーでホットサンドを作る、などキャンプで使用するキャンプ道具で料理をすることでも、室内タイプのおうちキャンプを楽しむことができます。

以下の記事では室内おうちキャンプのやり方や、実際にお部屋にテントを設営した様子を詳しく紹介しています。室内おうちキャンプの参考にしてみてください。

おうちキャンプに必要な道具は【テントだけじゃない】

次におうちキャンプを楽しむために必要な道具を紹介します。おうちの庭やベランダ、室内にいながらにして、キャンプをしている雰囲気を出すのがおうちキャンプのポイントです。そのためにキャンプ道具を使うとキャンプ感がでてきます。具体的には以下のようなキャンプ道具を使ってみましょう。

  • テント
  • タープ・サンシェード
  • アウトドアチェア・テーブル
  • レジャーシート
  • ガーランドなどの装飾
  • シングルガスバーナー
  • キャンプ用の調理器具、食器、カトラリー

具体的に紹介していきます。

テント

キャンプで必ず使うものといえばテントです。おうちキャンプでもテントを設置することでキャンプ感をかなり出すことができます。設営するのも楽しいです。

どんなテントが使えるのか

普段キャンプをされている方は通常のキャンプで使用しているテントを設営するというのが早いです。ただし、ファミリータイプのテントだとかなり大きくなり、お庭や室内には設営が難しい場合もあります。その場合は、1人~2人用の小型のテントや、ピクニックなどでもよく使われるサンシェードなどのポップアップテントがおすすめです。また、お子さんがいる方は、ニトリやイケアなどで販売されている子供用のテントをお庭に置くことも可能です。

タープ・サンシェード

通常のキャンプでも日よけや風よけ、プライベート空間を確保するために使用するタープ。これもおうちキャンプに使えます。ただし、うちの場合は持っているのがファミリータイプのヘキサタープで、設置するには大きすぎました。そこで、ベランダなどの日よけにつかるサンシェードを利用しています。

サンシェードに紐をつけておく【時短テク】

サンシェードに使えるロープ

おうちキャンプをすぐにするために、サンシェードには事前に紐を通しておきます。紐にフックも結んでおくと、フックを掛けるだけで設置ができるので、時短にもなり便利です。

アウトドアチェア・テーブル

キャンプで使うアウトドアチェアやアウトドアテーブルなどもキャンプ感がでます。また、お庭やベランダ用のウッドチェア・テーブルのセットもアウトドア感・キャンプ感を出すことができます。 特にマンションにお住まいの方はベランダの広さにも限りがありますが、ベランダにチェアやテーブルを用意して、食事をするだけでも、おうちで食事するのとは雰囲気が変わります。

ウッドデッキも利用できる

ウッドデッキをテーブルにして使ってます

うちの場合はウッドデッキを利用しています。特にウッドデッキのためのステップ台が、レジャーシートを敷いたときのテーブルとして高さがちょうど良いです。

レジャーシート

お庭やベランダにレジャーシートを敷くのも、アウトドア感・キャンプ感を出すことができます。レジャーシートとサンシェードを組み合わせるだけでも、お庭の雰囲気が変わります。

ガーランドなどの装飾

おうちキャンプで楽しむ飾りつけ

ガーランドや電飾などを使って装飾するのもキャンプ感の演出になります。

シングルガスバーナー

おうちキャンプで使うホットサンドメーカー

キャンプではお湯を沸かしたり、スープを作ったり、ホットサンドを作るのにとても便利なガスボンベを使用するシングルガスバーナーを使用して、キャンプ飯作りをするのもお勧めです。

キャンプ用の調理器具、食器、カトラリー

キャンプ用の調理器具や食器、カトラリーを持っている場合は、これらを使用して家の食事を作る、食べるとおうちキャンプを楽しめます。また普段陶器の食器を使用することが多い方は、食器を木製の物に変えるだけでも、アウトドア感を味わえます。

おうちキャンプのキャンプ飯は

おうちキャンプのキャンプ飯というと、やはり「キャンプ」なので、炭を利用したバーベキューが一番に頭に浮かぶと思います。しかし、戸建ての場合でも密度の高い住宅街や、マンションのベランダなどでは、煙や匂いが出やすいバーベキューをするのは難しい場合も多いです。

おうちキャンプのキャンプ飯は炭を使用したバーベキューだけではありません。家のキッチンで作ったものをお庭やベランダなどの室外で食べることもおうちキャンプと言えます。また、シングルガスバーナーやクッカーなどキャンプでしか使用しない調理器具を使用してキャンプ飯を作るのもおうちキャンプとして楽しめます。

どんな料理も外で食べるだけでもおうちキャンプ

おうちキャンプに使えるIKEAのグラス

普段家で食べるご飯をお庭で食べるだけでもおうちキャンプを楽しめます。家の中で作ったカレーや肉炒め、サンドイッチなどを、外で食べてみましょう。キャンプサイトではなくお庭やベランダであっても、やっぱり外で食べるのは室内で食べるのとは空気も変わり美味しく感じます。

おかずやご飯をワンプレートに乗せてしまえば、運ぶのも片付けも楽です。

また、お庭やベランダで簡単な調理をしてみましょう。シングルガスバーナーやガスコンロを使えば、簡単な調理が可能です。延長コードなどを使えばホットプレートやたこ焼き器などを使った料理が可能です。ただし匂いや煙には気をつけましょう。

おうちキャンプでバーベキューがしたい場合は

お庭やバルコニー、ベランダでバーベキューができるのかという点については、ご近所さんとの距離や関係性なども密接に関わってきます。ご近所さんの迷惑にならないようにして、バーベキューを楽しむというのがポイントです。特にマンションのベランダやバルコニーはマンションの共用部分となりますので、そもそもバーベキューしてもいいのか予め管理規約をきちんと読み、問題ないことを確認してから実行しましょう。

また、無煙で炭のバーベキューが楽しめるロータスグリルという商品もあります。どうしても炭のバーベキューをしたいという方はそちらを使ってみるのもいいかも知れません。

実際に作ってみたおうちキャンプのキャンプ飯

実際にシングルガスバナーとホットサンドメーカーを使用して、ホットサンドを作ってみました。外で作る楽しみや、外で食べる楽しみがあります。

おうちキャンプで使うホットプレート

ホットプレートを外に設置して、ホットケーキやウィンナーも焼いてみました。

室内の場合のキャンプ飯は

室内でおうちキャンプをする場合は、キャンプ道具を使用したキャンプ飯作りが楽しいです。といっても室内で炭を使ったバーベキューは難しいです。私たちがするのは、シングルガスバーナーを使って缶詰を温めたり、ホットサンドを作ったりしています。普段の家の食事でわざわざこのような調理をすることはないので、キャンプ感を楽しめます。

おうちキャンプは子供もワクワク

お子さんがいる場合、お子さんも巻き込んだおうちキャンプは、子供もテンション上がります。準備や片付けもキャンプ場で行うよりははるかに楽です。また家の物を使用して色々なキャンプスタイルを楽しむこともできます。

テントの中に入るだけでも子供は楽しい

子供にとってはテントの中に入るだけでも非日常感、キャンプ感が出て楽しいようです。テントの中でゴロゴロしたり、

テントの中でレゴや積み木などをおもちゃを持っていたりしています。またレジャーシートの上で、紙粘土などの工作や、砂遊びなども一緒にしています。

準備からワクワクできる

子供も手伝いやすいおうちキャンプ

おうちでのテント設営や、サンシェードの設置などはキャンプ場で行うよりも勝手がわかっていることもあり、作業がしやすいです。子供にもどんどんお手伝いをさせましょう。そしてガーランドの装飾品などは子供の任せてしまうと、子供も役割が与えられて楽しいようです。

また、パンケーキやホットサンド作りも下準備の部分から子供と一緒に行うことで、参加させています。食器のセッティングや飲み物の用意なども子供に任せています。

まとめ

この記事では、おうちキャンプを室内と室外両方で楽しむ方法や必要な道具、また留意点などについて解説しました。コロナウィルスの影響でいつ自由に外出できるか見通しも立たない中、おうちキャンプをすることですこしでも皆様の気分が楽しくなるのに役立つことを願っています。