ライジングフィールド軽井沢の野営フィールドの様子

関東甲信越でおすすめのキャンプ場を知りたい方や、電車でも行けるキャンプ場を知りたい方へ。

本記事では、関東甲信越エリアで実際に電車で行けるおすすめのキャンプ場を紹介していきます。

【東京都奥多摩】氷川キャンプ場

東京都奥多摩町にある氷川キャンプ場は、新宿から電車で2時間、最寄駅の奥多摩駅からは徒歩6分で行けるキャンプ場です。キャンプ場から徒歩圏内のところに、商店、コンビニ、温泉があります。車なしキャンプをしたい方には聖地のようなキャンプ場です。ロッジやバンガロー、テントのレンタルもあるので、初心者の方や、子供連れの方にもオススメです。河原サイトから眺める四季折々の風景で、日ごろの疲れもリフレッシュ。ます釣りや、ハイキングといったアクティビティも楽しめます。

氷川キャンプ場で実際に車なし電車キャンプをしたときの様子は下記記事にまとめています。

参考「【東京都奥多摩】氷川キャンプ場を解説【車なしキャンプも可能】

キャンプ場名氷川キャンプ場
住所〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川702
アクセス JR奥多摩駅から400m徒歩5分~6分 JR新宿駅~JR奥多摩駅間は電車で1時間40分~2時間
交通手段電車 徒歩 車
営業期間通年営業
定休日年末年始
立地環境林間 河原
テント設置環境砂 砂利
施設設備 温水シャワーあり 3分 200円 水洗トイレ ゴミ捨て場あり 売店・自動販売機あり 河原にて直火可能
チェックイン・チェックアウト ロッジ・バンガローはチェックイン/14:00チェックアウト10:00 テント泊は8時30分~10時 最終受付は16時
施設利用料なし
利用可能なキャンプロッジ泊 収容人数10人~35人 全7棟 トイレ・冷蔵庫・キッチン・敷布団・毛布が完備 料金 42,000円~ バンガロー泊 収容人数4人~15人 全21棟 コンセント付 トイレシャワーは共同、寝具は別途レンタル 料金 5,500円~ テント泊(レンタルテントあり) 料金 1人1泊 800円 予約なし 先着順 デイキャンプ 河原利用料金 1人600円(小学生以上) バーベキューハウス利用料金 1人800円(小学生以上) 利用可能時間 AM8:30~PM4:00 河原利用の場合、予約の受付はなし、先着順
食事の提供ロッジ・バンガロー利用者のみ、夕食用BBQセット 1人前1,550円、カレーセット 1人前550円を注文可能。
レンタル用品 調理用具
鉄板、網、鍋、釜、ヤカン、飯盒、フライパン、包丁、まな板、ザル、ボール、おたま、トング 寝具類
毛布、敷布団、掛布団 ※布団はロッジ、バンガロー利用者のみ ストーブ ※ロッジ、バンガロー利用者のみ テント レンタルテント
※氷川キャンプ場内にあるカフェクアラで可能。4人用ドームテント、4人用ワンポールテント、タープ、コット、インナーマット
※ 氷川キャンプのキャンプ場の管理事務所では、テントのレンタルはしていません。氷川キャンプのレンタル用品のページを見ても、テントの貸し出しはしていないと表記されています。氷川キャンプに併設しているカフェクアラにて、別途テントのレンタルサービスがあります。冬季12月~3月31日までは冬季休業となるようなのですが、問い合わせフォームから、テントのレンタルが可能な場合もあるようです。
販売品薪(炊飯用)600円
薪(暖炉用)700円
薪(キャンプファイヤー用)1,300円
炭(3kg)1,200円
支払方法 現金のみ クレジットカード不可
特典・割引特になし
周辺施設温泉 奥多摩温泉もえぎの湯 キャンプ場から徒歩7~8分
八百屋、肉屋、コンビニがキャンプ場から徒歩5分圏内
アクティビティます釣り、カヌー、ラフティング、川遊び、ハイキング

参考:氷川キャンプ場

【千葉】成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場

成田ゆめ牧場で電源付きのAサイトにテントを設営です。

千葉県成田ゆめ牧場のオートキャンプ場です。最寄駅の滑河駅から無料シャトルバスを利用していくことができるので、車なし電車キャンプをしたい方にもおすすめできるキャンプ場です。広々としたサイトが魅力的でした。併設された牧場があるので、牧場のジェラートや牧場体験を楽しむこともできます。また、子供連れの方は子供をたっぷり遊ばせることもできます。さらに、年中無休で電源サイトもあるキャンプ場なので、電気の暖房器具を持ち込んで冬キャンプも楽しめるキャンプ場です。

成田ゆめ牧場で実際に車なしキャンプをしたときの様子は下記記事にまとめています。

参考:「【千葉県】成田ゆめ牧場キャンプ場を解説【車なしキャンプも可能】

参考:「冬キャンプ初心者が成田ゆめ牧場で過ごした2泊3日【体験記】

キャンプ場名成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場
住所〒289-0111 千葉県成田市名木730
アクセス最寄駅:JR滑河駅から無料シャトルバス
JR東京駅~JR滑河駅間は電車で1時間40分程度
交通手段電車 バス(無料シャトルバス:マイクロバス) 徒歩
営業期間通年営業
定休日なし 年中無休
立地環境草原
テント設置環境芝 土
施設設備電源サイトあり
温水シャワーあり 円
水洗トイレ ウォシュレット付 暖房便座
ゴミ捨て場あり ※ゴミ袋は透明ビニール袋 半透明は×
売店・自動販売機あり
直火不可
お湯の水道あり
チェックイン・チェックアウトチェックイン9:00~ チェックアウト17:00 ただし繁忙期はチェックアウトが10:00になることもあり
施設利用料なし
利用可能なキャンプ テント泊(レンタルテントあり) 料金 大人(中学生以上) 1人1泊 2,000円
小人(3歳~小学生以下)1人1泊 1,000円
電源使用料 1サイトにつき 1,000円
※上記は通常シーズンの料金。 成田ゆめ牧場のHPから要予約  デイキャンプ 料金 大人(中学生以上) 1人1泊 1,000円
小人(3歳~小学生以下)1人1泊 600円
電源使用料 1サイトにつき 1,000円
※上記は通常シーズンの料金。
食事の提供□BBQの食材
土曜日、もしくは連休の初日・中日のみ可能。ご注文の受付は15時まで、受け渡しは17時以降のご案内です。□朝食のパンの予約
一部商品のみ、基本的にはパン販売日の前日にご予約いただけます。管理棟営業時間内に現地にて申込み
レンタル用品□手ぶらでテント宿泊セット
テント、銀マット×4、寝袋or毛布×4、ランタン(電池付き)、炭用コンロ、金網、木炭3kg、火バサミ、マッチ、着火剤×2□らくらくBBQセット
炭用コンロ、金網、木炭3kg、火バサミ、マッチ、着火剤×2、包丁、まな板、ザル、ボウル、トング、菜ばし※食材は含まれません。□テント・椅子
テント(銀マット付)ラウンジチェア□寝具類
銀マット(一人用)、寝袋、毛布、□調理器具
焚き火台、炭用コンロ、カセットコンロ(燃料付)、鉄板、火バサミ、飯盒(4合)、なべ、包丁、まな板、ボウル、ざる、お玉、フライ返し、しゃもじ、トング、菜ばし、ダッチオーブン□その他
ランタン(電池付)、延長コード(4m)、コードリール、ホットカーペット、バスタオル、ドライヤー
販売品薪(杉)700円
炭(3kg)680円
支払方法クレジットカード可能
特典・割引スノーピーク コールマンの会員の場合ポイントカード提示で、通常料金から10%OFF
併設の牧場への入場券がキャンプ場利用者限定の優待価格で購入できます。チェックアウト日の営業終了時間まで何回でも出入り自由のおトクなチケットです。
周辺施設キャンプ場周辺、徒歩圏内の温泉、スーパーはないです。
食品は事前に購入して持っていきましょう。
JR滑河駅から750m徒歩10分のところに、スーパーなりたや下総滑川店があります。徒歩10分だとちょっと遠く感じるかもです。
アクティビティ併設の牧場で遊べます。
各種牧場体験。遊具あり。
夏休み中はキャンプ場に子供用プールが出されます。

参考:成田ゆめ牧場

【埼玉県寄居町】かわせみ河原

埼玉県寄居町にあるかわせみ河原はキャンプ場というよりは、河原に野営するような場所です。最寄駅となる東武東上線「鉢形駅」からかわせみ河原までは1km。荷物を持ち運んで20分~25分程度で到着しました。なんとか行けるかなと思っていたのですが、駅にエレベーターもエスカレーターもないので、荷物運びがかなりきついです。ただかわせみ河原は、予約の必要もなく、温泉・お風呂の施設が徒歩1分という車なしキャンパーにはかなりありがたい施設が隣接しています。

かわせみ河原で実際に車なしキャンプをしたときの様子は下記記事にまとめています。

参考:「【埼玉県】かわせみ河原で車なしキャンプ【基本情報と温泉を紹介】

参考:「【埼玉県】かわせみ河原で2泊3日の冬キャンプ【体験記】

キャンプ場名かわせみ河原
住所〒369-1221 埼玉県大里郡寄居町大字保田原
アクセス最寄駅:東武東上線「鉢形駅」から1km 徒歩15分~20分程度
JR大宮駅~東武東上線鉢形駅は電車で1時間30分程度
交通手段電車 徒歩
営業期間通年営業
定休日なし 年中無休
予約なし
※かわせみ河原でのキャンプは基本的に予約ができないのですが、2014年7月から事前予約スペースが10区画ほど新設されています。
施設設備水洗トイレあり ウォシュレット付 暖房便座
水道あり 5つ
ゴミ捨て場あり
自動販売機あり
売店あり
受付で炭の販売をしています。直火不可
お湯の水道なし
電源サイトなし
温水シャワーなし
チェックイン・チェックアウトチェックイン・チェックアウトは特になくいつでも入ってこれます。
利用料金環境美化協力費として
二輪車(自転車除く): 300円
乗用車(キャンピングカー等): 500円
マイクロバス等 :1,000円
※0時~24時の利用料金です。利用開始から24時間の料金ではないのでご注意ください。
レンタル用品なし
売店定休日:月曜日、火曜日
営業時間:10:00~17:00
主な販売品:飲料、水、アイスクリーム、バーベキュー用の炭、氷、玩具(水鉄砲、魚すくい用の網)など
※私が3月8日~10日で伺った時は営業はしていませんでした。
販売品薪の販売なし
炭の販売有り
支払方法現金のみ
事前予約スペースについて2014年7月から事前予約スペースというものが新設されました。
事前予約スペース使用費用:1区画2,000円
※0時~24時の利用料金です。利用開始から24時間の料金ではないのでご注意ください。
区画数:10区画
予約方法:事前に観光協会に電話またはFAX
問い合わせ先:寄居町観光協会 TEL 048-581-3012 FAX 048-581-3052
駐車について:1 区画 1 台まで。2 台目以降は環境美化協力費が必要。
周辺施設かわせみ荘(徒歩1分)でお風呂or温泉(温泉の日のみ)に入れます。2階は子供が遊べる児童館になっています。
川の博物館
アクティビティ川に入って遊べます。
花火はできません。全面禁止。

参考:寄居町観光協会 よりいで遊ぶ かわせみ河原

【埼玉県】北本市キャンプフィールド

北本市野外活動センターの管理棟です

埼玉県北本市にある北本キャンプフィールドはJR高崎線「北本駅」からバス(乗車時間8分程度)+徒歩(500m)で行くことができ、車なし電車キャンプでも行くことができます。また、荒川サイクリングロードの近くにあるので自転車キャンプとしても利用しやすいです。テントや寝袋その他備品のレンタルもとても充実してますし、格安です。またバンガローもあるので、手ぶらキャンプをしたい方、キャンプ道具をレンタルしたい方にもおすすめできるキャンプ場です。

参考:「【埼玉県】北本キャンプフィールドを解説【車なしキャンプも可能】

参考:「【埼玉県】北本キャンプフィールドで2泊3日のキャンプ【体験記】

キャンプ場名サンアメニティ北本キャンプフィールド(旧 北本市野外活動センター)
住所〒364-0034 埼玉県北本市高尾9丁目143番地
アクセス最寄駅:JR高崎線北本駅からバスバスは以下2通りあります。 北本駅西口のバス停③より、「衛生研究所荒川荘」行きに乗車(乗車時間8分程度)。
『野外活動センター入口』バス停下車徒歩8分(バス停より約0.5km) 本駅西口のバス停①より、「北里研究所メディカルセンター病院(チサン第三団地 経由)」行きに乗車(乗車時間7分程度)。『石戸小学校入口』バス停下車徒歩15分。(バス停より約1.2km) JR東京駅~JR北本駅間は電車で1時間程度
交通手段 電車+バス+徒歩 車 自転車(近くに荒川サイクリングロードがあります)
営業期間通年営業
定休日毎月第4月曜日(当日が祝日の場合はその翌日)、12月28日~1月3日、その他 管理上必要と認めた日
予約必須
予約方法は以下3つです。 北本キャンプフィールドの受付へ直接行く 電話にて仮予約後現金書留 電話にて仮予約後メール+銀行振込
施設設備水洗トイレあり ウォシュレット付 暖房便座
水道あり
ゴミ捨て場あり(有料1袋300円)
自動販売機あり
売店あり
温泉あり(入浴受付は17時まで 入浴時間は17時~19時)
受付で炭の販売をしています。直火不可
お湯の水道なし
電源サイトなし
チェックイン・チェックアウト デイキャンプ
チェックイン 午前10時~午前11時の間
チェックアウト 午後3時 ナイトキャンプ
チェックイン 午後3時~午後4時の間
チェックアウト 午前10時
キャンプサイト数と定員テントサイト15区画、バンガロー4棟
※小学生以下の子供は、3人で大人2人としてカウントされます。1区画、1棟当りの定員は6人まで。定員を超える人数での利用は不可。
利用料金 テントサイト(1区画)
デイキャンプ300円 ナイトキャンプ500円
定員は6人まで バンガロー(1棟)
デイ利用 2000円 ナイト利用 7000円
定員は6人まで ※小学生以下の子供は、3人で大人2人としてカウントされます。
支払方法キャンプ料金の支払いは本予約時に以下3つの方法のいずれかで支払いを行います。 北本キャンプフィールド受付にて現金支払い 現金書留 銀行振り込み レンタル品や売店の販売品などは受付で現金のみの支払でした。
レンタル用品レンタル品の受付は17時まで テント
家型6人用、ドーム型3~4人用、エアドーム型3人用、ワンポール型2人用 寝具類
シュラフ(寝袋)銀マット付き、銀マット 調理器具
バーベキューコンロ、鉄板、飯盒(4合)、しゃもじ、鍋、お玉、まな板、包丁、ボウル、ざる、やかん(4L)、フライパン、鉄板、フライ返し、あみ、パラソル、タープ、ピザ焼き、ピザ窯、深皿大小、汁椀、カップ、スプーン、フォーク、ターナー 炊事セット
飯盒2つ、鍋、まな板、包丁、ボール、ざる、しゃもじ、お玉 その他
ランタン、南京錠、防犯ブザー、火ばさみ、灰かき棒、灰取りシャベル、テント用すのこ、テント用マット(グランドシート) ※テントは数に限りがあるので、事前に連絡した方が良いみたいです。寝袋は70個分、調理器具などは1区画の定員6人×サイト数の用意があり、基本的に品切れになることはないとのことでした。
売店有り ~17時
販売品薪の販売有り 500円
炭の販売有り 3kg500円お菓子、焼肉のたれ、食用油、中濃ソース、塩コショウ、醤油、タバスコ、アルミホイル、串、レモン果汁、缶詰(やきとり、白桃)、ダイヤルロック、ランタン、着火剤、洗剤、歯ブラシセット、プラスチックのスプーンとフォーク、アイス、氷(250円)、北本トマトカレー
周辺施設 イタリアンレストランアドマーニ 榎本牧場
アクティビティ鯉へのエサあげ
芝生広場で遊べます
各種イベントあり

参考:北本市野外活動センター

【長野】ライジングフィールド軽井沢

長野県軽井沢の国営公園の中にあるライジングフィールド軽井沢。国営公公園の中にあることから、とても綺麗な森林に囲まれてキャンプをすることができます。施設の設備がとても充実してるかつオシャレです。コインランドリーや冷蔵庫といった設備もあり、長期滞在もしやすいです。またレンタル品もとても充実していて、常設のテントもあるので手ぶらキャンプも可能です。

アクセスは最寄り駅の軽井沢からバスで15分です。バスに乗る時間は長めですが、大型の観光バスなのでバスのトランクにキャンプの荷物を入れることもでき、ゆったりとしたシートで快適にキャンプ場に行くことができます。車なし電車キャンプをしたい方にもおすすめできるキャンプ場です。ただし場所が軽井沢なので、新幹線キャンプになります。

キャンプ場名ライジングフィールド軽井沢
住所〒389-0111 長野県北佐久郡 軽井沢町大字長倉2129
アクセス最寄駅:JR軽井沢駅からバスで15分(円)
JR東京駅~JR軽井沢駅間は新幹線で1時間20分程度
交通手段新幹線 バス 徒歩
営業期間通年営業
定休日4月〜10月:無休
11月〜3月:水・木曜日定休
CAFÉ&BAR「MOON BEAR」:4月〜10月:土日祝日のみ限定営業(GW&お盆を除く)
立地環境林間 高原
テント設置環境砂利 土
施設設備電源サイトあり
温水シャワーあり 10分 300円
コインランドリーあり
洗濯機あり1回200円 乾燥機30分100円
冷蔵庫
水洗トイレ
ゴミ捨て場あり ※軽井沢町指定ゴミ袋チェックイン時にもらえます
売店・自動販売機あり
直火不可
チェックイン・チェックアウト デイキャンプ 9:00 – 16:00 宿泊 チェックイン11:00 チェックアウト13:00
施設利用料大人(高校生以上) 1人 500円
子供(4歳~中学生まで)1人 300円
幼児(3歳以下)無料
利用可能なキャンプ テント泊 自分で設営(レンタルテントあり) 料金 1区画4000円~ 収容人数5人 テント泊 常設テント 料金 1区画9000円~ 収容人数5人~8人 デイキャンプ 料金 1区画3000円~ 収容人数5人
食事の提供BBQ食材セットあり
レンタル用品BASIC SET
(4人分)¥ 18.000/泊
テント・タープ・テーブル2種・チェア・ランタン2種・ツーバーナー・マット・寝袋・クーラーボックス
販売品薪炭
支払方法クレジットカード可
特典・割引特になし
徒歩15分のところに小瀬温泉があり、キャンプ場利用者は日帰り入浴が利用できます。
キャンプ場周辺にスーパーはないです。
食品は事前に購入して持っていきましょう。無料の冷蔵庫があるので、ある程度買いだめして冷蔵庫を利用するのも手だと思います。
アクティビティアスレチック

参考:ライジングフィールド軽井沢

【神奈川】長井海の手公園ソレイユの丘

ソレイユの丘オートキャンプ場の朝

神奈川横須賀市にある長井海の手公園ソレイユの丘の園内あるオートキャンプ場です。ソレイユの丘は大型遊具や動物とふれあうことができる大きな公園で、その中でキャンプを楽しむことができます。子供連れにはかなりおすすめのキャンプ場です。また公園内に温泉施設が併設されているのも魅力の一つです。野菜やパンなども公園内の売店で調達することができるので連泊もしやすいです。また綺麗なバンガローもや、レンタル品もとても充実しているので手ぶらキャンプも可能です。

アクセスは電車+路線バス

アクセスは最寄り駅の京浜急行三崎口駅から京急バスで15分です。電車キャンプで行くことが可能なキャンプ場です。

ソレイユの丘の基本情報

キャンプ場名長井海の手公園ソレイユの丘オートキャンプ場
住所〒238-0316 神奈川県横須賀市長井4丁目地内
アクセス最寄駅:京浜急行三崎口からバスで15分
京浜急行品川駅~京浜急行三崎口間は電車で67分
交通手段・電車+バス
・車
営業期間3月~11月(12月~2月までは基本的に休業期間だだし 、冬期特別営業あり )
定休日なし 年中無休
予約必須(公式ページの予約ページから)
予約日の90日前から予約可能
※デイキャップは当日受付
施設設備オートキャンプサイト( 電源サイトあり )、フリーサイト、バンガロー
入浴施設あり
水洗トイレ
ゴミ回収サービスあり 有料1000円
売店・自動販売機あり
直火不可
付帯施設の営業時間公園営業 9:00~18:00
遊戯施設   9:30~16:30
売店 9:30~17:30        
温浴施設 10:00~21:00
手ぶらBBQ 10:30~18:00      
レストラン 10:30~16:30      
トイレ 24時間※キャンプ場周辺のみ
自動販売機 24時間
入浴施設についてキャンプ場を利用者には、専用割引券が発行
割引料金大人(中学生以上)500円
小人(3歳~小学生)250円
シャンプー、ボディソープ、ドライヤーは備え付けあり
タオルは販売あり
チェックイン・チェックアウトデイキャンプ
11時~17時の間(当日受付・宿泊に予約がある場合のみ)

チェックイン
バンガロー  13時~17時
オートキャンプサイト フリーサイト  11時~17時
手ぶらキャンプ  13時~17時
 
チェックアウト  8時~10時
キャンプサイト数と定員バンガロー
広さ 大 定員8名 小 定員6名
電源 15A
エアコン 有

オートキャンプサイト デッキ付き
広さ 100㎡
デッキ 3.6m×4m
収容人数 6名
5区画
車をサイトに横付け可能

オートキャンプサイト デッキ付き
広さ 100㎡
収容人数 6名
5区画
車をサイトに横付け可能

フリーサイト
広さ 100㎡
収容人数 6名
25区画
利用料金1泊2日
オフシーズン
バンガロー 9,000円
オートキャンプサイト デッキ付き  5,500円
オートキャンプサイト デッキなし  5,000円
フリーサイト 3,000円
手ぶらキャンプ 39,000円

オンシーズン
バンガロー 10,000円
オートキャンプサイト デッキ付き  6,500円
オートキャンプサイト デッキなし  6,000円
フリーサイト 4,000円
手ぶらキャンプ 40,000円
支払方法チェックイン時に支払い(クレジットカード可能)
レンタル用品手ぶらキャンプセット 利用人数4人 36,000円テントセット 5,000円
焚火&BBQセット 4,000円
キッチンセット 5,000円
ヘキサタープ 3,500円

アプライトポール 1,000円 ランタンセット 3,500円 ランタンポール 600円 ガスランタン単品(ガスは別売) 1,500円 LEDランタン 1,000円

火おこし器 200円 鍛造ペグ 500円 延長コード 500円 シングルガスバーナー 2,000円 クッカーセット 1,500円 クーラーボックス&保冷剤セット 1,000円 ホットサンドクッカー 1,000円 森林スモークタワー 1,000円


寝袋(封筒型)シングル 1,500円  ワイド 1,800円 セルフインフレートマット 1,000円

テーブル 2,000円 チェア 1,000円
売店有り ~17時
販売品堅薪(広葉樹)焚き火向き 1,000円/6㎏
焚付薪(針葉樹)調理向き 900円/3㎏
木炭  900円/3㎏
防水固形着火剤 2個入り 150円

チャッカマン、スモークウッド、乾電池(単一~単四)、虫よけアロマ入りキャンドル、ガイロープ、ロックアイス1㎏、カセットコンロ用ガスボンベ、焼き網、アルミBBQプレート、軍手、菜箸、お玉、包丁、キッチンバサミ、缶切り、アルミホイル、ラップ、キッチンペーパー、紙コップ、プラスプーン、プラフォーク、味付けコショウ、醤油、サラダ油
ゴミ処理についてゴミは基本的に持ち帰りです。
ただし、燃えるゴミ、不燃ゴミ(缶、瓶)、包装ゴミの3種を分別する45Lの袋を3枚1セット1,000円で販売しています。このゴミ袋購入の場合は処理してくれます。
周辺施設荒崎公園
くりはま花の国ペリー公園
ヴェルニー公園
三笠公園
長井水産
アクティビティソレイユの丘内の遊具遊び
芝滑り
ニジマス釣り
農業体験

参考:オートキャンプ場 長井海の手公園ソレイユの丘

3泊4日で電車キャンプをしてきました【参考情報】

3月下旬に3泊4日に母子キャンプをしてきました。その時の様子や、一日の過ごし方、売店情報などは以下の記事も参考にしてみてください。